会員向け記事
公開記事

プロジェクトでカイゼン [Project de Kaizen] 第34回

2020年12月04日

おみこし経営の陥りがちな弱点とは 前回、おみこし経営のわが国の特長として二つのことを取り上げました。まず、経営に限らず欧...

詳しく見る
会員向け記事
公開記事

虫の眼・魚の眼・鳥の眼 第18回:数の数え方あれこれ(その2)

2020年12月03日

4進法、5進法、12進法、16進法、60進法もあります  この2進法は、50年くらい前に先輩から教えてもらい、いつも指の...

詳しく見る
会員向け記事
公開記事

会話を通して物流改善スキル向上 物流勉強会での気づきとは

2020年12月02日

皆さんは物流改善スキルを学ぶためにどのような取り組みをされていますでしょうか。外部講習を受けたり社内勉強会を開催したりす...

詳しく見る
会員向け記事
公開記事

プロジェクトでカイゼン [Project de Kaizen] 第33回

2020年11月27日

おみこし経営の特長とは 前回、わが国は「効率が悪い」とよく批判されますが、それは比較の基準が全く異なることからくる完全な...

詳しく見る
会員向け記事
公開記事

虫の眼・魚の眼・鳥の眼 第18回:数の数え方あれこれ(その1)

2020年11月26日

片手でいくつまで数えることができますか?  片手で指を折りながら、いくつまで数えることができますか?日本の大抵の人は、折...

詳しく見る
会員向け記事
公開記事

物流は3現主義で(3) 間接部門も自分の目で確認

2020年11月25日

3現主義の三つ目の「現」は「現実」の「現」です。いくら良い改善アイデアを考えたとしてもそれが具現化できないものであれば意...

詳しく見る
会員向け記事
公開記事

プロジェクトでカイゼン [Project de Kaizen] 第32回

2020年11月20日

多様性こそが日本と日本企業の強み 前回は、ソニー創業者のひとりである盛田昭夫氏によるボート経営とおみこし経営という二つの...

詳しく見る
会員向け記事
公開記事

虫の眼・魚の眼・鳥の眼 第17回:マグロは時速80kmで泳げるか?(その2)

2020年11月19日

バイオロギングという方法で速度を正確に測定  この10数年くらい前から、センサーや測定機器のデジタル化や高精度化、さらに...

詳しく見る
会員向け記事
公開記事

物流は3現主義で(2) 現場での立ち会議

2020年11月18日

物流過程で起きた問題点は3現主義で解決していきましょう。物流上の問題点の例として物流品質不良が挙げられます。 誤品を出荷...

詳しく見る
会員向け記事
公開記事

プロジェクトでカイゼン [Project de Kaizen] 第31回

2020年11月13日

組織の多様性が企業の活力を生み出す 前回は、近江商人の経営哲学である「三方良し」は、わが国独自の「公益資本主義」という日...

詳しく見る
会員向け記事
公開記事

虫の眼・魚の眼・鳥の眼 第17回:マグロは時速80kmで泳げるか?(その1)

2020年11月12日

鯉の泳ぐ速さは簡単に測定可能だが、マグロは無理  松田が住んでいる鳥取県中部の八橋(やばせと読みます)地区は、横幅が約1...

詳しく見る
会員向け記事
公開記事

物流は3現主義で 物流現場に出かけよう

2020年11月11日

物流現場の問題は物流現場で改善していくことは当たり前のことだと思います。物流現場で発生している問題を事務所で検討すること...

詳しく見る
会員向け記事
公開記事

プロジェクトでカイゼン [Project de Kaizen] 第30回

2020年11月06日

わが国にぴったりの経営哲学・・三方良しの発展形 前回は、経営者の夢を実現することが現場の活力を生み出す事例として、ホンダ...

詳しく見る
会員向け記事
公開記事

虫の眼・魚の眼・鳥の眼 第16回:トイレ掃除をしても臭いのはなぜ?(その2)

2020年11月05日

トイレの部屋は六面体なので、床だけの掃除ではだめ  トイレ掃除を生きがいにしている友人の社長がいますが、彼は朝3時半に起...

詳しく見る
会員向け記事
公開記事

真の物流事業者(3) 物流T字型組織を目指せ

2020年11月04日

物流事業者が真の物流事業者となるための人財育成について考えてみたいと思います。従来の運送業、倉庫業では、顧客から指示され...

詳しく見る
会員向け記事
公開記事

プロジェクトでカイゼン [Project de Kaizen] 第29回

2020年10月30日

創業者の夢が現場の活力を生み出す 前回は、わが国独自の強みとして現場の活力をとり上げました。日本企業では新しい商品やサー...

詳しく見る
会員向け記事
公開記事

虫の眼・魚の眼・鳥の眼 第16回:トイレ掃除をしても臭いのはなぜ?(その1)

2020年10月29日

A4の1枚の紙は四角形?実は立派な立方体です  一枚のA4の紙は、四角形ですか?それとも何に見えますか?と問いかけると、...

詳しく見る
会員向け記事
公開記事

真の物流事業者(2) 物流設計のできる事業者

2020年10月28日

 物流の専門家でもないメーカーに物流設計ができるのは、彼らは「物流の当事者」だからです。それを実行しなければサプライチェ...

詳しく見る
会員向け記事
公開記事

プロジェクトでカイゼン [Project de Kaizen] 第28回

2020年10月23日

教育や訓練が現場の活力を生み出す・・わが国独自の強み 前回は、わが国独自の強みは信用と信頼であることを述べました。その実...

詳しく見る
会員向け記事
公開記事

虫の眼・魚の眼・鳥の眼 第15回:酸性かアルカリ性かリトマス試験紙(その2)

2020年10月23日

コーラは洗剤にもなり、頑固な錆を落とします  酸とアルカリは、0から14段階に区分されて、中性は真ん中の7で、0から7ま...

詳しく見る
会員向け記事
公開記事

真の物流事業者 サプライチェーンとしての物流設計

2020年10月21日

日本では古くからトラックなどを使って運送を行う事業者を運送事業者、倉庫で保管業務を行う事業者を倉庫事業者と呼んできました...

詳しく見る
会員向け記事
公開記事

虫の眼・魚の眼・鳥の眼 第15回:酸性かアルカリ性かリトマス試験紙(その1)

2020年10月16日

台所にリトマス試験紙を置いて色々と観察してみる 30年以上も前から我が家の台所には、著者の趣味でリトマス試験紙(ロールタ...

詳しく見る
会員向け記事
公開記事

プロジェクトでカイゼン [Project de Kaizen] 第27回

2020年10月16日

信用と信頼・・わが国独自の強みを活かす 前回は、主要先進7カ国の労働生産性の順位の変遷においてわが国は約50年間ずっと最...

詳しく見る
会員向け記事
公開記事

物流倉庫業務について考える(3) メーカー倉庫は生産コントロールせよ

2020年10月14日

サプライチェーンが重要視されてきているこの時代にあって、ユーザーのニーズは単独の保管だけということにとどまらなくなってき...

詳しく見る
会員向け記事
公開記事

虫の眼・魚の眼・鳥の眼 第14回:あえて手間を掛けてみる(その2)

2020年10月09日

手紙を出す時にもちょっとした手間を掛けてみる 手紙を書いた後に季節によって少し演出もできます。それは庭木から春や初夏は、...

詳しく見る
会員向け記事
公開記事

プロジェクトでカイゼン [Project de Kaizen] 第26回

2020年10月09日

テレワーク時代の生産性向上 強みを活かすアプローチ 前回は、なぜ業務マニュアルの充実が必須となるのかを説明し、業務マニュ...

詳しく見る
会員向け記事
公開記事

物流倉庫業務について考える(2) 流通加工に積極的に取り組む

2020年10月07日

通信販売で返品された商品を再製品化する業務があります。もちろんそれが可能な場合に限られますが、この業務を物流倉庫業者で行...

詳しく見る
会員向け記事
公開記事

プロジェクトでカイゼン [Project de Kaizen] 第25回

2020年10月02日

テレワーク時代こそ5Sを活かす 前回は、テレワーク時代に要請される本質的な変化について述べました。変化のための対応は、全...

詳しく見る
会員向け記事
公開記事

虫の眼・魚の眼・鳥の眼 第14回:あえて手間を掛けてみる(その1)

2020年10月02日

文章を書くためにどんな文房具をつかっていますか? 著者の机の引き出しを開けてみると、2Bの鉛筆、4色ボールペン、4色のサ...

詳しく見る
会員向け記事
公開記事

物流倉庫業務について考える 保管業務プラスアルファとは

2020年09月30日

物流倉庫と言えば真っ先に在庫を保管するというイメージがわくかもしれません。従いまして事業者側の観点からも倉庫とはものを保...

詳しく見る