公開カイゼン発表会・工場見学会見者募集
公開カイゼン発表会・工場見学会見者募集

先日7月20日行われました日本カイゼンプロジェクトの公認講師3人が会員企業様1社に企業カイゼン指導を行うという新しい形のコンサルティング企画である「公開カイゼン指導会」が終わり、今回の会員企業様も全力でカイゼンを行っていただきました。
今回の公認講師のコンサルティング力、カイゼン力、そして会員企業様の努力を皆様で確認していただき、ぜひ自社でも使えるカイゼンを見つけていただけたらと思い、今回公開カイゼン発表会・工場見学会の見学者を募ることといたしました。

カイゼン先である株式会社ミヤジマはこんな会社

株式会社ミヤジマは滋賀県でシャフト部品の鍛造と熱処理を行う会社です。会社社長である宮嶋誠一郎様はカイゼン活動、社員教育にとても力を入れており、今回も新たなカイゼン部分の発見と社員教育の為にカイゼンプロジェクトの公認講師派遣のご要請をいただきました。

公認講師3人のプロフィール

  • 柿内 幸夫

    経済産業省先進技術マイスター(平成29年度)
    柿内幸夫技術士事務所 所長
    改善コンサルタント
    工学博士 技術士(経営工学)
    多摩大学ビジネススクール客員教授
    慶應義塾大学大学院ビジネススクール(KBS)特別招聘教授(2011~2016)
    静岡大学客員教授

    日本カイゼンプロジェクト会長である柿内幸夫は今まで29年のコンサルタント歴を誇り、世界中で400社の現場カイゼンに携わってきた。
    柿内幸夫の独自のカイゼン方法である「チョコ案」「KZ法」を使用し、
    ほぼ全ての企業で
    「5Sの重要性が分かった」
    「まだまだカイゼンをする所があった」
    「パートの方から生産性が上がる具体的な提案があった」
    などの声が上がるのも特徴である。
    日本経団連の研修講師、静岡大学客員教授、多摩大学ビジネススクール客員教授を行う傍ら、平成29年度には経済産業省から先進技術マイスターを取得し、カイゼン活動になくてはならない存在として現在も活動をしている。

  • 仙石 恵一

    物流全般についての経験があるが、特にIE経験を活かした改善活動や 物流人 財育成、物流現場管理の仕組み導入などを得意とする。
    日本では最先端の効率的なサプライチェーン構築の経験をもとにした輸送改善ノウハウも強みである。
    さらにグローバル購買の経験から、購買業務改善全般についても強みを持つ。

    工場内生産性向上活動としては生産現場における作業改善、工程改善を行い工場の生産性を大幅に高める。工場内の物流改善と併せて実施することで、製造ラインの品質と作業性を向上させることが可能。
    さらに生産性評価ツールを導入し、月々の生産性改善の効果を測定することができるようにする。
    講演、執筆活動も多く、企業やセミナーでの講演を全国各地で行う。日刊工業新聞社、IEレビューにも多数の寄稿をしている。

  • 松田 龍太郎

    1953年 鳥取県東伯郡琴浦町出身。
    1974年 3月 現オムロンスイッチアンドディバイス社(旧オムロン倉吉)入社。
    1986年 技術から製造に異動後、トヨタ生産方式の普及に専念する。
    2000年 1月 東京五反田の有限会社エス・ピイ・エス経営研究所入社。翌月より、ドイツを中心に12カ国にわたり、数々のコンサルティングとセミナーを開催。
    2006年 11月 株式会社SMCを創立し、同社の代表取締役。

    ・欧州を含め国内と合わせて、70社以上、210工場以上の現場改善をコンサルティング。
    数多くの貴重な失敗と成功体験から、楽しく、わかりやすく、やさしく、しかも奥深くお伝えするというコンサルスタイルを得意としています。
    ・日刊工業新聞様の各月刊誌に、2002年からコラムやエッセイを毎月連載中です。現在「工場管理」で 「今すぐ実践!なるほどヒューマンエラー防止策」を好評連載中です。
    ・人間力向上と自己啓発を狙った「企業家精神」を、2000年から毎月連載を好評継続中。約2000件の格言を作成し、多くの読者の皆さんからの共感の支持があります。HPでもご覧いただけます。
    ・見えるムダだけでなく見えないムダまで、自ら気づくヒントを提供し、「自ら考え、自ら考動し、自ら改善ができる」人の育成を目指し、やる気を引き出すことを得意としています。

    実績紹介
    特長的なのは、製造業でありながら、いずれも経常利益率は10~40%もたたき出していることです。それは、ツールや手法の指導にとどまらず、むしろマネジメントやフィロソフィーという見えない部分の指導がこのような成果になったと考えます。PushからPull生産システムの変更が求められます。
    また、「隠れたチャンピオン」といわれる中小企業でありながら世界や欧州のナンバー1である企業をいいます。この「隠れたチャンピオン」は、世界で約3000社あり、ドイツにはその内1300余社も存在しています。数社指導をしました。

会長柿内よりメッセージ

今回公認講師が行ったコンサルティング

当日の動画をダイジェストですが、御覧ください。

などを4時間程、各講師が別々にコンサルティングを行いました。
当日以外にも各講師より株式会社ミヤジマに「宿題」と称したカイゼンの提案を後日お送りしました。

現在株式会社ミヤジマで行われているカイゼン

現在ミヤジマでは宮嶋社長を中心に全員でカイゼン活動を行っていただいております。
具体的には

などを行っていただきました。発表会までには更に進化していることと思いますので、
ご期待ください。

公開カイゼン発表会日程
実施日 9月22日
スケジュール 9:15までに彦根駅集合
移動
10:00~ミニレクチャー
12:00~休息
13:00~カイゼン発表会~工場見学会
15:30終了
16:30~18:30 公認講師3人と食事会

公開カイゼン発表会・工場見学会の値段

今回の公開カイゼン発表会・工場見学会はまったく新しい試みの工場見学会、且つコロナ禍の中での開催となりますので、特別金額として55,000円(税込)とさせていただきます。
3人の講師によるコンサルティング結果、それを実行した会社の結果を確認でき、更に参加者の方は工場見学会終了後に講師との食事会がある中での55,000円(税込)は非常にお値打ちな価格かと思います。
是非ご応募ください。

参加希望の受付は終了しました。

※今回は全国的なコロナ禍中の開催の為、限定先着5名様とさせていただきます。お早めにお申し込みください。

※定員に達した場合はご参加できない旨をメールにてお知らせいたします。

※お申込み後1週間程度で参加費の請求書、当日の詳細日程などをメールにてお送りさせていただきます。